中学受験を迎えるにあたり、夏休みなどの「長期休み」をどのように活用するかで、その後の中学受験の行方は大きく左右されます。
長期休みを上手く活用し、万全の体制で中学受験に臨めるようにすることが、合格への近道と言えます。
ここでは、夏休みの活用方法についてご説明します。
さて、夏休みなどの長期休みでは、中学受験対策として塾の夏期講習に通わせることはごく一般的に行われています。
しかし、ただ単に夏期講習に通っているだけでは、ライバルに差をつけることが出来ません。
そのため、塾だけでなく家庭での学習も重要になってきます。
本気で中学受験に挑もうと考えている場合は、6年生ではなく、5年生以下の段階でしっかりと準備をする必要があります。
具体的には、夏の長期休みを利用して家庭での勉強を習慣づけてしまうのです。
1日1時間から2時間、同じ時間に勉強をする習慣を身に付けさせることで、翌年以降スムーズに受験対策を進めることが出来ます。
逆に言えば、この段階できちんと勉強の習慣を身に付けさせないと、本番の受験で闘うことは困難と言えます。
夏の長期休暇を利用して、出来るだけ早い段階で勉強の習慣を身に付けさせ、6年生の段階で受験勉強に専念できるようにしましょう。
勉強を習慣づけるために抑えておきたいポイントはこちらで紹介されています。
おすすめサイト:中学受験
URL:http://www.e-juken.jp/
長期休暇を利用して勉強するメリットをより詳しく知ることが出来ます。