中学受験をするのであれば、冬休みの学校の宿題だけをこなすだけではなく、色々なことをしなければなりません。
小学校の冬休みは、2週間から3週間ほどあり、受験勉強にはもってこいの期間となります。
そこで活用できるのが、塾などで行われている冬期講習です。
冬期講習では、短期間で力をつけるために一日がかりで授業が組み込まれています。
個人指導であれば、自由にスケジュールを組むことが出来ますが、集団塾の場合はそうはいきません。
中学受験間近の受験生は、この時期を乗り越えないと合格にはたどり着けず、天王山と言われている夏を乗り切っても冬がダメならば合格は勝ち取れません。
効率が良いのは、個人指導ですが受験のノウハウを持っているのは集団塾です。
どちらを選ぶかは受験生次第ですが、どちらでも成果を上げることは可能です。
受験間近ではない受験生なのであれば、集団塾で力を練成して行っても良いでしょう。
冬休みというのは、ただだらけるだけの時間ではなく、受験生にとっては格好の良い勉強時間となります。
時間を余すことなく有効的に活用することで、中学受験においての合格という2文字を勝ち取ることが出来ますので、受験生の方は怠けずに短い期間を集中して乗り切ることが重要です。