中学受験は子どもだけでなく、親にとっても影響する問題です。
なぜなら、まだ小学生の子どもが自分で受験へ向けての学習や、それだけにとどまらず生活面を管理することは難しいことだからです。
まして夏休みともなると小学校の授業はなく、共働きの家庭においては子ども自身が自分で自己管理をしなければなりません。
考え方を変えれば、夏休みは小学校での学校生活がない分、中学受験に向けた学習に取り組みやすい期間であるとも言えます。
普段よりは多少ゆったりとした気分で、志望校の入試問題に取り組める絶好のチャンスです。
夏をせいする者は受験もせいすと言われるように、夏休みの取り組みが受験を左右すると言っても過言ではありません。
共働きの家庭であろうとなかろうと、親子でしっかりと夏の学習対策を考えなければいけません。
中学受験の学習をはじめた学年が、3年生という早い学年なのか、5、6年生からなのかによって、受験勉強への進み具合が違ってきますが、夏休み中に志望校の問題を目にしておくことは絶対必要です。
かなり学習が進んでいる子どもは、入試問題に本格的に取り組むべきです。
半分も解答できない教科もあるでしょうが、それで良いのです。
自分が行きたい中学校の入試問題がこんなに難しいんだ、だからこの単元をもっと頑張らなければならないんだと、子ども自身が分かり、夏以降の学習にいかすことができればいいのです。