夏休みは、中学受験をする子どもにとって大切な時期です。
二学期は学校行事や祭りなどの地域行事が多く、二学期が始まれば落ち着いて勉強する時間が取りにくくなるからです。
二学期中の中学受験の勉強を上手に進めるためにも、学習習慣や自分の学習方法を身につけておかなければなりません。
学習習慣が身に付いていれば、行事の多い二学期も受験勉強が捗ります。
後でやれるのであれば、今できます。
二学期にできるのであれば、夏休み中にできます。
先送りするのでなく、直面している問題としてとらえることです。
夏休みを有意義に過ごさなければ、二学期も無為に過ごすことになります。
また学習塾や家庭教師に個別課題を出してもらうのも良いでしょう。
指導者が横についている時間には限りがあります。
指導者が横についていないと学習が進まない場合も、期日のある課題があれば必然的にやらなければならなくなります。
学習習慣が定着するまでは、個別課題も大切です。
指導者が課題をしない場合は、リクエストすると良いでしょう。
また学習塾や家庭教師に頼らず、家庭内で指導していく場合は、書店やネットで問題集を購入し個別課題を用意することもできます。
中学受験の成否は夏休みの過ごし方がポイントです。