中学受験生にとって夏休みは「天王山」と呼ばれています。この夏を制すことのできない受験生は、来年に春に合格という2文字を勝ち取ることは出来ず、笑っていないとも言われています。夏休みは、長期間の休みになり、毎日暑いため、だらけがちですが、そこが勝負の分かれ目です。暑くても努力をすることで合格を勝ち取ることが出来るのです。しかし、個人ではどうにも歯が立たず結局は失敗してしまうこともあります。そこで、活用できるのが夏期講習です。中学受験をする上で夏期講習は外せません。集団塾の場合、朝から晩までスケジュールがぎっしりと詰まっており、1日休んでしまうと周りから取り残されてしまいます。しかし、周りが本気モードですのでそれに感化されて受験モードへ移行する絶好のチャンスともいえます。個別指導塾の場合は、分からないところを克服する絶好のチャンスです。そのため、朝から晩まで集団塾で受けて、夜に個別指導を受けるという受験生も少なくありません。長い休暇をどういう風に過ごすかで、勝負は大きく分かれていきます。夏休みの宿題もありますが、お盆休みは大抵どこの塾も休みになりますので、学校の宿題はお盆休みに片付け、他は夏期講習で学べば効率よく、中学受験体制へ移行することが出来ます。